TIALA 2nd album 「EPITOME」リリース インタビュー

柿沼 - vocal
谷口 - bass
西村 - guitar
吉野 - drum

─2stアルバム完成おめでとうございます!1stから5年という長い時間が経っていますが、この5年間はどのように活動していたのでしょうか?変わった事、逆に変わらない事、周りやバンドの環境、私生活など教えて下さい。

柿沼(k):異常に早く5年間という時間が過ぎ去っていったような気がします。TIALAについてはほとんど変わらない動きだったような気がしますが、ペースよりもよりバンドをやるってことをいろいろ考えて実感した時間でした。BUSHBASHも今年6周年を迎えたとき、えらく時間たったなと。少しずつですが周りの状況は自然と変化してきていて、でも変わらないものがすごく大事だったりと思ってます。自分の中ではこの5年間という長さの実感もアルバムを作るときに向き合うものとして重要な要素でした。

谷口(t):大きく変わった事はコントラバスを始めて個人の活動がとても増えた事です。TIALAに関してはいつも通りのペースでできてたと思います。

西村(n):TIALAを始めて10年以上経ちますがずっと同じペースで続けているような気がします。なのでバンド活動自体はこの5年間でとくに変わったことはないと思いますが、個人的にはソロで弾き語りを始めてみたり結婚したり振り返ってみると色々ありますね。いまはじめて振り返りました。

吉野(y):あまり変わってないと思いますが、前より4人での演奏が楽しいです。個人的には結婚しました。

─今回のアルバムですが、メンバーとしてはどんな位置付けのアルバムになっていますか?

柿沼(k):自分としては今の現状を絞り出して形にしたアルバムだと思ってます。
形になってうれしいです。

谷口(t):1stを出した後からもっとぶっ飛んだモノを作りたいと思っててそれを実行しました。今までと変わった所もあるし変わらない所もあるし、今後どうなるか全くわからないですけどとりあえず今時点でのTIALAだと言う感じですね。

西村(n):自分たちが今やりたい音楽。

─すでに音源を聞いた人から何かリアクションはありましたか?

谷口(t):良いと言ってくれる人がいてとても嬉しいです。

西村(n):何人かに褒められた気がしますがお世辞かもしれないので批判的な声も聞きたいです。

─1stにあった明るさやポップ感を削ぎ落として、より硬質な仕上がりになっていると感じました。

谷口(t):そうですね。印象的にはそうなりました。あまり似たような曲を作りたくないので、変化しようとしたらそうなりました。明るさやポップな部分を意識して削ぎ落とした感じではなくて自然とそうなった感じです。

吉野(y):トリッキーな感じが無くなってきてるのが、そういう風に聴こえたのかなと思います。あとは(エンジニアの)まつもっちゃんとのレコーディングがやっぱり凄く合っていたし、植田さんのn作ってくれたジャケも相乗効果でアルバムのイメージを固めてくれたと思います。バンド内でこういう音にしようみたいな話をした記憶が無いので、なるようになった感じがあります。ポップはポップだと思っていますが。

─2曲目「1825」年号かと思い調べたのですが日本で「外国船打払令」が出された年でした。解釈としてあっていますか?
また「殺し合い正義などない」という歌詞もこのタイミングでポリティカルに響きます。安保法制や安倍政権に関して、何か考えやスタンスなどありますか?

柿沼(k):「1825」は年号ではなく、自分の中で思いのある物事を変換した数字の羅列です。歌詞全般に通しているのは、考えや思い(自分の中にあるあらゆるもの)に対して向き合ってそれを書きだしたものになっています。蓄積されたもの、過程や経験、世の中の現状や現時点の自分も含めて改めて向かい合って非常にうんざりしましたが、今の感じていることなどがきっちり吐き出せたかと思っています。どういう形にせよ、解放するという事に大切さを感じました。個人的に、安保法制に対しては強烈に反対、安倍政権に対しては、書ききれないほどの強い怒りを感じています。

─フレーズのループでグルーブを作って行くのがTIALAの楽曲の特徴だと思うのですが、このスタイルはどのように形成されたのでしょうか?

谷口(t):TIALAの初期は5人編成で最初のサウンドはめまぐるしく展開していたんですがそこから三人編成になりmonday beer save everythingって曲を作った時にループしたのが結構良くて、そこから意識してるような気がします。ループを通しての構成や音の抜き差しを作っていくのがとても面白くて現在まで続いてる感じですね。

吉野(y):ループという感覚より、コード進行で曲が展開しないという感覚です。ハードコアバンドには結構多いと思います。成立させるのは各パート次第というか、お互い細かく干渉しなくていいですし、TIALAに合ってるのかなと思います。ただTIALAのスタイルとは思っていません。

─そういった部分はパンク/ハードコアはもとよりダンス・ミュージックやHIPHOPなどの影響もあるかと思いますがいかがでしょうか?

柿沼(k):そういった音楽は好きでよく聴いてるので知らないうちに少しずつそういった要素が還元されているのかもしれません。ただトータルとして音楽性はどうあれハードコアだと思ってやっているので、そのタイミングで一番落ち着く形になっているのかなと思います。

谷口(t):もともとはPILとかFRICTIONとかPOP GROUPとからへんからループは影響受けてると思いますが今回のアルバムだとそっちの方が影響強いと思います。テクノとかだと抜き差しで音がジワジワと変化する感じだったりヒップホップだとライミングやフロウで変化する感じが好きなので、そういうのをTIALAに変換したらって思って作ったりすることもあります。

西村(n):みんな好きですね。ぼくはあまり聴きませんが。

吉野(y):色々な影響を還元できるのがハードコアの一番良い部分だと思っています。自分の解釈でやれるので。ドラム的にはダンスミュージックとかは気にしてません。全然違うと言われるかもしれませんが、今回のアルバムの曲を作り始めてからずっとイメージにあったのはモードジャズです。

─9分超えの曲が2曲もあり、力作だと思うのですがアルバム制作は苦労しましたか?

柿沼(k):とても苦労しました。ただ自分を見直すいいきっかけにはなったので、また一からスタートな気持ちでいます。

谷口(t):曲作りはかなり苦労しました。短いのも長いのも特に関係ないのですが、何度も何度も構成の練り直しで一曲作るのに半年以上かけてました。ただいろんなアイデアを試しながら作ってたからそんなに苦痛な感じはしなかったです。レコーディングもいつも通り苦労しました。

西村(n):ギターの録りは比較的早かったと思います。苦労したというかみんな基本的には自分のパートにしか興味ないのでオッケーを出すのが自分しかいないというのはなかなかスリルがありました。そんな感じなのでやっぱり(エンジニアの)松本さんが一番苦労したと思います。

─月並みですが長い曲を作るのは難しく無いでしょうか?

谷口(t):「epitome」は最初に作ってライブ始めてから3~4年ずっと修正してってかなり変化していきました。難しかったけど今は納得してます。
「flame of sand」はそんなに長くするつもりはなかったけど曲の流れがうまくはまったので意外とすんなり作れた感じですね。

西村(n):短い曲も難しいです。


※ここでゲスト・インタビュアーの方々からの質問です。


谷ぐち順(LessThanTV)
─小岩NO.1おすすめグルメスポットを教えて下さい。

柿沼(k):BUSHBASHから10分ほど歩いたところにある「なすび」という和食屋ですね。素晴らしいです。

谷口(t):「ビックラーメン」は週一ペースで行ってます。思い出して食べたくなる味でかなり好きです。

西村(n):特にはないのですがよく行くのは南口の「くら」という立ち飲み屋です。おすすめではないですが。コロッケとマカロニサラダとチューハイ4杯で千円なので結構酔っ払えます。まあ行かないに越したことはないです。

五味秀明(the act we act)
─メンバーの皆さんの人生に多大な影響を与えたミュージシャン、バンドを3つ挙げてください。

柿沼(k):ECHO(とメンバー全員)、THE LADDERBACK、31gのSWING
KIDS、森川さん(younGSounds,idea of a joke)、Jacob Bannon(converge)

谷口(t):fugazi,ジャズベーシストの永田利樹さん,元MAN★FRIDAYや元nine days
wonderのベーシストの田辺さん、中尾憲太郎さん、谷ぐち順さんと五つになりました。

西村(n):イングヴェイ・マルムスティーン(10代)、観たり聴いたりしたあらゆる音楽(20代)、高田渡(30代)

吉野(y):マイルス・デイヴィス、NIRVANA、竜巻太郎

DEATHRO(COSMIC NEUROSE)
─LessThanTVのyoutube channelに今年3月のMost Dangerous Mosh Pit(MDMP)と8月のメテオティックナイト小岩でのライヴ映像がそれぞれアップされていますが、武者修行とも言えるHARDな両イベントに出演してみて、感想、思い出などあればお願いします!

柿沼(k):両日とも、素晴らしすぎる時間で、心からless than tvと音楽の奥深さを感じた一日でした。しかしながら何の因果か、MDMPでの白いBREAKfASTのシャツはじめ服たちの汚れ用には衝撃でした。バナナのすごさに。美味しい、滑る、臭い、色素が取れない。メテオティックは、こういったイベントが小岩でも実現できるんだなーと浸りました。協力していただいた皆様ありがとうございます。

谷口(t):MDMPは実際滅茶苦茶疲れました笑
トリで変なプレッシャーを感じて意気込みすぎて一曲目でバテて、アンコールも限界だったんで八木澤君にベースを託しました笑

西村(n):モストデンジャラスモッシュピットは、なにも考えずにお気に入りのスボンを履いてきてしまい、ブルーシートを埋め尽くすバナナの皮を見て、大いに戦きました。結果ズタボロになったのですが吉野さんロービジョンからその気概を褒められ苦笑いしたのはなんとなく覚えています。メテオチックナイトは本当に楽しくてどうにかしてたんだと思います。ほとんど記憶がないので携帯電話の写真で振り返ろうとしたら、カッキーがすごく楽しそうにお酒を飲んでるのを遠くから撮った二枚しかありませんでした。

吉野(y):どちらのライブもトリでやらせてもらって、もうやるしかないって感じでした。メテオティックナイトのヨルズインザスカイとアイドルパンチが凄くかっこ良くて最高でした。


─1stに引き続きLESS THAN TVからのリリースですが、どんなキッカケでレスザンとの仲が深まって行ったのでしょうか?

西村(n):最初はnemoだったと思います。みんなすごく好きで企画に出てもらったりしているうちにスプリット出したり。改めて振り返ると色々ありましたね。いまでも本間さんに遊んでもらったり亮さんとソロで共演したりしてます。よく僕のギターの音がうるさくて耳がおかしくなったと苦情を言われるのですがシモさんのギターに比べたら川のせせらぎみたいなもんです。

吉野(y):自分の中ではnemoという存在が凄く大きくて、あのイッチャッテルライヴを越えたいというのは今でも多分みんなあるので、カッコイイと思うものの感覚が似ているのかもしれないです。

─今になって振り返ってみると、1stアルバムはどんなアルバムだったと思いますか?

柿沼(k):今作と同じですが、その時の強く感じていた部分を抽出したり切り取っているものだと思います。今思うと、録音作業をするたびに自分たちがより明確になっていっているような気がします。

谷口(t):どんなアルバムかと言われるとわからないですが、あの時はあの時の自分達の完成形があって、あとでこうした方が良かったかなーと思うのも沢山ありますがそれが次に繋がればいいと思ってるので、納得したものを出せてると思います。曲も今でもライブしたい曲が沢山あるので結構気にいってます。

西村(n):なかなかカッコいいと思います。

吉野(y):いわゆる衝動的な1stアルバムって感じではないなと思います。ドラムは頭でっかちだったかも。今のほうが衝動的かなと思います。

─メンバーそれぞれのルーツになっている音楽と現在進行形で聞いている音楽を教えて下さい。

柿沼(k):BUCK-TICK、WU-TANG CLAN、NIRVANAが始まりですかね。最近は、impressionsやthe notationsや、isaiah rashad、あとはブラジルのpoint of no returnを引っ張り出してよく聴いてます。

谷口(t):高校時代はハイスタなどメロコアからデフトーンズなどのヘビネスとかニルバーナなどを聞いてました。ハードコアを聞き出したのは大学入ってからで日本だとenvyとかthere is~とかBREAKfASTとか、あと海外だとdischordやlocustあたりのサンディエゴ周辺はとても聞いてました。ここ7年ぐらいから主にブラックミュージックにはまっていき、ヒップホップやジャズ、ソウルなどを聞いてます。最近は特にのスタイリスティックスなどのフィラデルフィアのソウルとかカーティス周辺のシカゴソウルを主に聞いてます。

西村(n):ルーツかは分かりませんがずっと好きなのはジミヘンですかね。最近はLEON REDBONEて人がお気に入りです。あと古いフォークとかジャズを聴いてます。

吉野(y):ルーツはハードロックとメタルとグランジです。エアロスミスとエックスとニルヴァーナはめちゃくちゃ聴きました。ここ何年かはマイルス・デイヴィスばっかりです。

─皆さん、それぞれソロやDJなどの活動をされていると思います。その辺りについて教えて頂けますか?

柿沼(k):younGSoundsでドラムと、時々DJをやっています。毎月第4木曜に東高円寺のGRASSROOTSで好きな音楽をかけさせてもらっています。

谷口(t):コントラバスでの活動をしてます。一つは即興演奏で主にブッシュバッシュで月一で即興企画passingをやっています。ハードコアに似たエネルギーや、ハードコアにない緊張感など新しい感覚が得られてとても面白いです。二つ目は歌モノで主に篠原篤一や山田真未と一緒に曲を演奏してます。コントラバスを始めたら歌モノやりたいと思ってたのでとても楽しくやってます。

西村(n):僕はアコースティックギターで弾き語りをやっています。高田渡に影響を受けています。二年くらい前に「鰯」という音源を作りました。

吉野(y):HAKAというバンドでドラムを叩いています。発起人は自分で、作曲をかなり自由に任せてもらっています。HAKAはポリリズムを無理やり狙ってやるんですが、TIALAで叩くドラムにもその辺が少し出たと思います。

─小岩BUSHBASHは皆さんにとってどんな場所ですか?

柿沼(k):自分を律してくれる場所であり、体の一部のような場所です。

谷口(t):遊び場というか溜まり場みたいになってますね。スタッフとか竹田さんとか吉野さんとか友達がいて、ライブ観てだべって帰るみたいな。
多分なくなったらどうしたらいいかわからなくなります笑

西村(n):一番やりやすいライブハウスであり、社交場です。

吉野(y):治外法権的な感じ。出てるバンドもお客さんもそんな感じがします。

─今後の予定を教えて下さい。

柿沼(k):10/2金曜に新代田FEVER、10/3土曜に小岩BUSHBASHで福岡のsnarekillsnationというバンドと、2デイズのダブルリリースライブを行い、12月後半に東京でのリリースライブの最終編をやって、来年に四国、九州、名古屋、京都などにツアーに行く予定です。今年11月には郡山にも行きます。

西村(n):12月あたりに子供が生まれます。

吉野(y):A.早く新曲作りたいです。

─最後に一言あればお願いします。

柿沼(k):読んでいただいた方と、アルバムを聴いたり、ライブに来てくれている方ありがとうございます。そして今回インタビューをしてくれた岡村君と、谷さん、デスロー君、五味君、ありがとうございます!

谷口(t):月並みですがアルバム聞いてライブ観に来て下さい。飲みましょう。

西村(n):これからもよろしくお願いします。

吉野(y):ライブを観にきてほしいです。

─ありがとうございました!

(2015/10/01)



TIALA / EPITOME
ch-152 / CD / 1,800yen(税別)

【トラックリスト】
1.resist
2.1825
3.down
4.flames on sand
5.coward
6.epitome
7.white it

東京は東の外れ、小岩から日本、そして世界へ向けて唯一無二のハードコア・サウンドを鳴らし続ける”TIALA”が、前作『DIRTY FLOOR IN BRIGHT』より、約5年振りとなる作品『EPITOME』をLess Than TVよりドロップ!!「殺し合い 正義など無い」という咆哮が耳を突き刺す1曲目「resist」、9分を超える長尺ナンバー「flames on sand」、「epitome」に、フロアが暴動になるのが目に浮かぶラスト・ナンバー「white it」まで休む暇もない全7曲。全国、世界各地の様々なバンドとの対バンや、メンバーそれぞれがTIALA以外での活動も積極的に行ったことで、音の強靭さは更なるものへ。ハードコア、ダンス・ミュージック、ニュー・ウェーブなど、様々なジャンルを飲み込んだ混沌の40分間がパッケージングされている。





<関連記事>