ENDZWECK 「TENDER IS THE NIGHT」リリース インタビュー pt.1

日本が世界に誇る叙情派HARDCOREバンド、ENDZWECK。
2015年12月9日、3rdアルバムとなる「TENDER IS THE NIGHT」をリリースする。
第一部となる今回は本アルバムの楽曲や歌詞はもちろんアートワークやMVなど総合的にどのような手法で製作したかを聞いた。
アートワークの話をしている辺りから、Vo上杉氏の発言は鋭かった。
そこには熱量だけでは無い、本能や直感だけでは無い、ロジカルな(=理論的な)感覚があった。
冷静に考え目的は何か?それが分かったら、達成する手法は何か?ロジカルなフィルターを通して熱をアウトプットしていた。
かと思えば実直なGt山口氏、破天荒さに定評のあるDr宇宙氏が同居するバンド。
今回2人のメンバーが欠席しているが3人を通してからでも2人のキャラの濃さが滲んでいた。
このメンツでどのように本アルバムを製作したのか、まずは序章となる第一部をどうぞ。

「世界は滅びない。なんで滅びないのかっていうと、それは僕や君が頑張るからだろっていう話」

--よろしくお願いします!自己紹介をお願い出来ますでしょうか?

望月:ドラムの望月です。

山口ひ:ギターの山口です。

上杉:ボーカルの上杉です。

【アルバムについて】
--タイトルの「TENDER IS THE NIGHT」はどのように決まったのでしょうか?

上杉:ベースのヨッシー君が考えました。
ヨッシー君は学校で英米文学科を卒業していて。今までのアルバムと同じ法則なんですが米文学のロスト・ジェネレーションという一派の作品名から取っています。「TENDER IS THE NIGHT」はフィッツジェラルドの作品です。

--なぜその一派の中からこのタイトルとしたのでしょうか?

上杉:3つ短編を出した後の長編のタイトルが「TENDER IS THE NIGHT」だったのでそこになぞらえて。

--ENDZWECKも7"EPの3部作のあとのアルバムという所でリンクしているんですね。
アルバムはどんな流れで作る事になりましたか?

山口:元々アルバムを作りたくてそれを見越して3枚の7"をリリースした感じだね。
7インチの曲、全部入れられると思ったらヨッシー君が「一曲づつが良いんじゃないか」って。

上杉:ヨッシー君は曲順とか曲数には凄くこだわりがありますね。

--曲はどのように作っているのでしょうか?

上杉:はじめはPCで作成してます。ドラムも打ち込んで。山ちゃんもおっくんも同じ様にやってます。

--どんなソフト使ってるんですか?

上杉:LOGICっていうソフトです。曲自体はギターから。

宇宙:ドラムのおかずまで入ったデモを作ってくれるんで、それを聴いてコピー。何なら個人練習も入ってから皆でスタジオで合わせる感じ。

--3人がどれくらいの割合で作っているのでしょうか?

上杉:僕は今回1曲だけですね。山ちゃんは5曲作ってますね。

--あと4曲は

上杉:おっくんが作って・・・

宇宙:ヨッシーは曲じゃなくて子供作ってたね。笑

上杉:子供リリースしたね。笑 アルバムより先行して。

--おおお、それはお目出度いですね。(その為、本日は産休となりインタビューは欠席)

ではMVはどのように作成したのでしょうか?

宇宙:DEATH COUNTの村田君が作ってくれたんだよね。元々、村田君もエンズのこと気に入ってくれてて。
20年くらい前に知り合って、当時村田君がバイトしてた西新宿のコンビニにたまたま入ったらENDZWECKが突然かかってたって事もあったよ。笑

前にナーバス(NERVOUS LIGHT OF SUNDAY)のMV作ってて、その時にエンズもアルバム作ったら是非ってお願いして、ゴミ箱を頭から被ってる人に作ってもらいました。笑 (※DEATH COUNTのライブ時)

--バンドからは何か要望を出しましたか?

上杉:そんなに要望らしい要望は出してないですね。村田君の作品を分かってお願いしたので村田君っぽいのでお願いしますという感じです。
そこは信頼ベースでやりたいなと。

--ENDZWECKの世界観に合っていてクオリティもプロフェッショナルだなと感じました。

宇宙:そうだね。今までMVはオレがiMacで適当に作ったヤツしか無かったから対比で特にそう思うかも。笑

上杉:プロの仕事なんだけど、結局周りの人だったっていうのが良いかなと思ってます。

--あれシャツだけ赤く残してるんですよね。

上杉:いや、コレ(インタビュー当日MVのシャツを着用されていました)はコントラスト強めにしただけで。
始めは白黒にしようっていう話もあったんだけど場所の雰囲気が凄い良かったんですね。
千葉の八街っていうところにある場所で、村田くんが提案してくれて。

--そこも信頼ベースだったんですね。
ジャケを作成したのはDEMIFLARE168氏ですが、こちらも信頼ベースですか?

上杉:打合せも一応やったんですけど、ほぼそうですね。
昔STATE CRAFTのライブとかで映像撮ってた人で、ここ5年位でまた仕事で繋がりが出来たので今回お願いしました。

--こちらもスムーズに完成したのでしょうか?

上杉:そうですね、昔から僕らの事を知ってる人だったので雰囲気も予め理解して作ってくれたからだと思います。
それで、おっくんとかとも話してたんだけどトレードマークがあるとイイよねって言ってて。

--コレですか?

上杉:そうです。これアルバムのトレードマークなんです。
それも向こうから提案して来てくれて、ちょうどイイなって。分かってる人の分かってる話って感じで。

--アルバムのトレードマークという考え方はどのように生まれたのでしょうか?

上杉:MVとかTシャツとか関連するもの全て、今回のモノだっていう事が明確に分かるようにしたくて
そうする為に何が必要かって考えた時にトレードマークだったんです。

--そういった重要なモノを言わなくても向こうから提案してくれるというのは、人選が完全にハマったという事ですよね。
MVもアートワークもトントン拍子に進んだとの事ですが、レコーディングは如何でしたか?

宇宙:これもトントン拍子で。

上杉:人選も早かったよね。山中(Attic Studio)はもちろんジャック(The Atomic Garden Recording Studio)も話したら「喜んで」って。

--演奏面ではハマらなかったですか?

宇宙:それはハマった。

上杉:山中の凄いトコロは宇宙さんのメンタルを支えた事だよね。笑

宇宙:そうだね。笑 あとAFTER TONIGHTのマナブがドラムテックやってくれて。

--ドラムテックといいますと?

宇宙:曲に合わせてドラムのチューニングをやってくれたんだよね。
この曲だったらもうちょっとスネア高い方が良いかな、とか。
あとレコーディングがスムーズに行ったのはやっぱりモアイ君(上杉)がプリプロしてくれたもの大きいよね。

上杉:LOGIC使って、駒澤のStudio Noahと新宿Hill varlleyで録りました。インターフェイスも買ってDIYで。

--スムーズに行ったのは前準備がしっかりしていたという裏付けがあるんですね

上杉:そう、僕は今年一年アルバムを作ってるだけで終わりましたね。
その間ヨッシー君は子供作ってた訳ですが。笑

宇宙:今日はもうヨッシー(ネタにされるのは)しょうがないね。笑

--はじめに出来た曲はどれでしょうか?

宇宙:THIS IS THE WORLDじゃないかな。前にPentagon.1っていう5wayスプリット(FACT / ENDZWECK /FC FiVE / IWABO / TRIBAL CHAIR)に入れた曲なんだよね。

上杉:ulyssesより前にあった曲ですね。アルバム用という意味ではThe Choice Is Yoursですかね。
曲順は僕とおっくんで決めました。特におっくんは曲のつながりにこだわりがあります。

--ゲストボーカルのメンツはどのように決めたのでしょうか?

上杉:僕とヨッシー君ですね。始めにばーっとリスト作って、この人は何系の声だって分類して。

--高い、低いとかですか?

上杉:そうですね、あと例えばH8MONGERさん(DOGGYHOODS)なんかは八百屋系とか。

宇宙:ダミ声のね。「安いよ、安いよ」っていう笑

上杉:土肥が言ってたんですけどね。笑
でも細分化しすぎちゃって良く分からなくなってしまったので一回止めて。単純に曲に合う人を考えるようになりました。
だから、本当はやってもらいたい人はもっと一杯いたんですよ。

--海外からはDAVE(UNBROKEN)とDAMIAN(AS FRIENDS RUST/ON BODIES)が参加しています

上杉:僕の中でこの2人とツアーをやれたというのはやっぱり大きかったですね。

--ツアーをやってみて見方が変わった部分などありましたか?

上杉:見方は変わらないですね、やっぱ凄いな!という感じです。
あ、ちょっと変わったのはDAVEが思ったよりおっちょこちょいだったという事ですね。笑

宇宙:あいつはスーパー天然。本当に良い奴を地でいってたね。

上杉:友達にいたら、ついついおごっちゃいそうな感じのね。笑

【歌詞について】
--歌詞のなかの「僕」というのは上杉さん自身の事ですか?

上杉:そうですね、「僕」って言う時は自分の事です。「我々」っていう時は「人間一般」という意味が多いですね。

--「君」というのは出てくる場所によって対象が変わりますか?

上杉:そうです。「君」は凄く広い意味で使います。「人々一般」としても使うし、「敵対してる人」だったり、「何かを伝えたい人」だったりもします。

--その辺りは自分の中でストーリーがある訳ですよね

上杉:ありますね。内容として一貫して言えるのは誰かを「批判する意図」は無いという事ですね。

--そういう意図は感じなかったです。全体的な印象として「絶望的な世界だけど、希望を探して行こう」と感じましたがいかがでしょうか?

上杉:そういう部分もあるにはあるんですが少し違っていて、そもそも「世界は本当に絶望的なのか?」という事をむしろ言いたいですね。
僕は割と楽観主義者で、悲観的な物の見方を否定しているという意味合いが近いです。例えば、よくあるのが陰謀論とか、人類は滅亡するとかあるじゃないですか。人を恐怖で宗教に入れちゃうみたいなやつ。世界は滅びないんだから、滅び行くとか言うなよ、っていう感じですね。なんで滅びないのかっていうと、それは今生きている僕や君が頑張るからだろっていう話です。大げさに言うとそういう感じです。

--"HOPE IS GONE"という歌詞があって、そこだけ見ると割と悲観的なのかなとも思いました

上杉:それも悲観している訳では無いです。ある誰かに言ってるんですね。"お前にはもう希望は持たないよ"と。
Apathetic Expressionに関して言うと、たまに全然関係ないトコロから人を敵視したりする人っているじゃないですか。
でもそういう人に何か思われても、僕らとしては何も思えないよって感想です。

--そもそも火種が無い訳ですよね

上杉:そう、だから何を思われても良く分からないし、もう君の事はいいから、という感じの曲なんです。
バンドやってる人だとネットにいきなり文句書いてあったりとかあると思います。世の中ほとんどはまともな人で、訳わかんない人は、ほとんどいないんだけど。

--歌詞を書く上で影響を受けているモノはありますか?

上杉:映画はよく見ますね。あとは社会学の本も読んだりします。

--オススメの映画を教えて頂けますか?

上杉:これ悩みますね。

山口:メジャーなのとマイナーなの一個づつ挙げれば?

上杉:メジャーどころで一つはバットマン3部作(ビギンズ/ダークナイト/ダークナイト ライジング)ですね。
暗い感じの世界観とか、そもそもアメコミがすごく好きで、原作ネットで買ったりしてます。
あと決してマイナーじゃないんですが、「第9地区」すかね。「宇宙人王(ワン)さんとの遭遇」も皮肉めいてて好きだな。「宇宙人ポール」も。あれ、なんか宇宙人ものになっちゃったな。笑

【演奏面について】
--では今度は演奏について伺いたいのですが、今回こだわった点は?

山口:やっぱり録音の仕方なんじゃないかな。

宇宙:初めてモアイ君(=Vo:上杉)以外の4人が同じ部屋で「せーの」で一発で録ったんだ。
一体感とか勢いも出たから良かったと思うよ。
あとドラムに関しては今までの作品で一番バリエーション豊かになってるね。

--個人練やレッスン的なモノも受けてましたよね。ココまで来てそれをやるって凄いなと思いました。

宇宙:やりたい事はあるんだけど出来なくて、どう練習してったら良いかなと思って。この年から新しい事始めるなら自己流で間違った方法でやるより、教えてもらった方が近道かなと思って。

だからASPARAGUSとかMONOEYESやってる一瀬くんのレッスンに行ってのDrに教えてもらったんだ。

--具体的にはどのようなプレイを目指しているのでしょうか?

宇宙:ドラムのロールのアクセントつけたりとかアクセント移動するやつが叩けるようになりたいんだけど、全く出来なくて。あとロール自体ももっと長く出来るようになりたい。

とはいえ、ナーバス4年くらいやってたり、聖飢魔IIのコピバンやる事によって出来るようになったフレーズもあるよ。

あとはギター二人が作ってくる曲のドラムがドSなんだよね。
絶対二人ともオレが叩けないの分かってて作ってるんだろうなっていう。

山口:まあ、そこはPCで作ってるから人間じゃ不可能なフレーズになっちゃったりする事もあるよ。笑

【レコ発について】
--レコ発の各地のサポートはどんな人達なのでしょうか?

宇宙:アメリカはLOMA PRIETAが回ってくれるって言ってて。まだ全くの白紙で全然決まってないけど日本で一緒にツアーしたバンドとかがサポートしてくれるって言ってくれてるので、実現したら凄く楽しいだろうなと思ってる。

ヨーロッパはNEW BORNのVoとかTRAINWRECKとか、こないだ来日したbirds in rowがツアーやるなら手伝うよって言ってくれてて。マレーシアはutaridってトコがテープ出してくれる所が組んでくれて、そのレーベルと繋げてくれたのがKILLIEだから一緒に行けたらいいなと思ってるね。

--韓国はいかがでしょうか?

山口:GEON(ALL I HAVE)かな。

宇宙:韓国は繋がりが沢山あるから誰かにやってもらえたら嬉しいね。

--ワンマンが下北沢ERAという事ですが、ERAになった理由はありますか?

宇宙:そうだね、前もワンマンやったり他にも色々企画もやってるからかな。

--印象深い思い出などありますか?

宇宙:一杯あるよ。一番衝撃的だったし忘れられないのは、キワムが死んだとか。SHAI HULUD来日のオールナイトライブでNAIADの時。

--その場にいたんですね。

宇宙:LAST ONE STANDINGの諏訪がゲストボーカルをnaiadの曲があるんだけど、その日は諏訪がいなくて代わりにキワムが歌ったんだ。歌う直前までステージ脇でいつもみたいにふざけてて、歌った直後に目の前で倒れて。一番はじめにビンタしたよ。「起きろ!」って。

うん、あれが一番強烈かな。でも他にも一杯あるよ。手の骨折ったり。HOLYKEEPERのレコ発で平山にブレーンバスターされてさ。

--笑。鬼門な感じもありますが前回のワンマンはソールドでしたよね。

宇宙:そうだね。誰も予想出来なかったけどね。ERAからワンマンやりませんか?って話もらったんだけど「大赤字になっても知らないよ」とか言ってた。

他にもNO CHICE IN THIS MATTER(ノーチョイ)とBIRTH PLACEとそれぞれ2マンやったね。ノーチョイの解散もERAだし、海外バンドのツアーもたくさんやったしね。

--なるべくしてERAになったという感じですね。

pt.2へ続く.....





<関連記事>