ENDZWECK 「TENDER IS THE NIGHT」リリース インタビュー pt.2

本章ではENDZWECKという長い歴史を持つバンドを「ピンチ」と「嬉しかった事」の2つを軸に置いて話を聞いた。
ここで全く予想していなかった話の流れとなり「PUNK幸福論」について話を聞くことが出来た。
詳しくは直接読んで頂きたいが一見ユルく見える所もあるが彼らの確かな核心を感じた。
それはENDZWECKというバンドが多くの若い世代のHCキッズにとってHARDCOREへのエントランスとして機能している一面にも通じている。
またもう一つ大きなトピックとして水と油が同居する「メンバー間の関係性」も聞く事が出来た。
ライブや音源だけでは見えない彼らの思想や哲学を盛り込んだ第二章をどうぞ。

「自分達なりのやり方でPUNKやってても幸せになれるという事を証明していかないと、と思ってます。」

Dr:望月、Gt:山口ひ、Vo:上杉


2本目に公開されたMV "Before The World Ends"

【ENDZWECKの歩みとピンチ】
--バンドはどのようにスタートしたのでしょうか?

山口:最初はモアイ君(Vo:上杉)と宇宙さんだよね。

宇宙:オレがSOBUTのお手伝いしてる時期でモアイ君もお客さんで良く来てたからモトアキ君に紹介してもらったんだよね。

--当時やり始めるにあたって「このバンドみたいな雰囲気でやりたい」というのはあったのでしょうか?

宇宙:それはBETTER THAN A THOUSANDだね。

--言われてみれば速さとエモさ、ストップANDゴーなど質感ありますね

宇宙:あとはSNAPCASEとかも好きだったね。

--山さんはどのように知り合ったのでしょうか?

山口:オレは大宮のスケートショップで働いてて、そこの友達が「メンバー探してるバンドがある」って話で下北屋根裏に見に行ったんだ。
お客さんが3人くらいしかいなかったけど。笑

--山さんもほぼオリジナルメンバーですよね?

宇宙:そうだね。あとは何回かメンバーチェンジあったけど大学の後輩のヨッシーとか、2代目ギターのツネの地元の後輩のおっくんがヘルプから自然の流れで加入した感じだね。

--長い歴史の中で最大のピンチはどんなものでしたか?

山口:しょちゅうあったよね。

上杉:これ今回色々なインタビュー受けて気付いたんですけど、僕らは楽観主義なんですね、多分。
だから悪い意味での苦労をしてないんですね。

山口:バンドを真面目にやらなきゃいけないっていう感覚がちょっと違うのかもね。
練習はこれくらい入らないといけないとかライブはこれくらいのクオリティを保たないといけないとか。

上杉:だからといって質の悪いものはやりたくないんだけどね。

--ただやってるという感じは全くしないです。

上杉:でも、こういう感覚じゃないとアメリカツアーに行く時、9.11で飛行機がハワイまでしか行けなくて。
でも、そこからまたアメリカ行くとか出来ないと思うんですよね。

--ハワイではどう過ごしていたのでしょうか?

上杉:宇宙さんとヨッシーくん以外のみんなは海で遊んでましたね。笑

宇宙:ヨッシーはライブ楽しみにしてた分ホテルに引きこもっちゃって、オレは日中は飛行機会社に振替便がいつ飛ぶのかを電話で問い合わせて、夜は夜でライブ出来そうなハコとかクラブに行って出演交渉してたよ。

--ハワイでライブやったんですか?

宇宙:アンプ類とかドラムセットが持ち込まなきゃいけないから、地元のバンドに貸してもらう約束取り付けて、出演自体はオッケー出たんだけどその日に飛行機が飛んだからハワイではライブはやれなかったんだよね。

--それにしても、その状況で現地で出演交渉って凄いですね。

宇宙:生命力はあるかもね。突破力だけなんだけど。
それでオレらがアメリカ到着した頃、もともと組んでもらってたツアー組は予定通り先に出発しちゃってて。それは仕方ないんだけど。

上杉:宇宙さんはこのまま追って行こうって考えで。

宇宙:レンタカーで追って行こうってね。でも当時はメンバー内で「じゃあそれで行こう!」ってまとまらなくて。
今だったら余裕で追いかけるよね?笑

上杉:そうだね。笑

宇宙:なんか当時は日本人だけで行けるのか?とかをみんな心配してたね。

上杉:(海外で普通に使える)携帯電話も無かったから。よくそれでアメリカ行ってライブも出来たなと思いますね。誰とも連絡着かないのに。

--到着してとりあえずどうしたんですか?

上杉:とりあえず現地の友人の家にタクシーで

宇宙:ボラれたね。笑

上杉:そう。笑。で、その時会ったのがダン・アフリカ(DANxAFRICA/PUNCH)。
彼が凄く親身になってくれて。それでギルマンでTRAGEDYとかとライブさせてくれた。
なんにせよ、まわりの人がよく助けてくれますね。

--他にも危機的状況はありましたか?

宇宙:小さい波はいっぱいあったよ。それぞれバンド辞めたいっていうのもあったからね。そういう相談をメンバーからもされたね。

上杉:僕は宇宙さんの事で気に入らない事があるとかで山ちゃんに相談した事もありましたね。「もうダメだな、オレ。性格的に合わないな。」って。
僕は結構カッチリした所があるけど宇宙さんはルーズ。でも山ちゃんが「そういう人を認めるってことも必要だよね」って話をしてくれて。
確かにそうだなって思って、それからまた上手く回りはじめましたね。

--それは結構なピンチですよね。メンバーが辞めたいっていう。

一同:うん。笑

山口:俺から見ると本当は絶妙なバランスなんだよね。

上杉:どっちに傾いてもいけないんでしょうけど。

宇宙:周りみんなに水と油って言われてたよ。

上杉:僕は一分でも遅れるとちょっとムカつくタイプだから。笑

宇宙:でもオレはオレでメンバーみんな基本打ち上げ出ないで帰るし、オレは最後までいるのにな、とかいう想いもあったんだよね。「Endzweckで宇宙しか話した事ないな」とかもよく言われてて。

上杉:お互いに頑張ってはいる。でも何を頑張っているのが違うから見えなかったんですね。バンド内での分業がしっかりしてるんですね。
例えば今年、子供をつくってたヨッシー君はマーチとかお金の管理していたり。

山口:音とは直接関係ないかもしれないけど重要な事だと思うよ

上杉:うん、それによってバンドの寿命が全然変わって来ると思う。

宇宙:上手く出来てるね、その辺。

上杉:でも、お互いを信頼するっていうのも大変な事で。それこそアメリカの事件を乗り越えて来たから出来る事なのかなと思いますね。

【嬉しかった事--PUNK幸福論】
--ピンチを聞いてた筈なんですが、それをプラスに変えて結果的に次の展開に繋げているんですね。
逆にやって来た中で嬉しかった事はどんな事でしょうか?

山口:今回のアルバムを作る事もそうだしツアーとか、みんなで何かを成し遂げる経験が出来る事かな。
ちょっと部活みたいな。この年になると中々無いと思うんだ。
まあ、あからさまに抱きついて喜んだりはしないけど。笑
それで今はそれがバンドに関係する事だけじゃなくって、例えばヨッシーに子供が出来た事とかも、みんなで喜び合えるっていう所まで発展してる気がするね。

宇宙:ファミリー感あるよね。

--そういった関係はいきなり作れるものでは無いと思います。やはりツアーや音源製作などを乗り越えて来た部分が多いと思いますか?

山口:そう。その中でやっぱりバンドを通して人間的に成長したんだと思う。

上杉:それは本当にデカいよ。山ちゃんがいなかったら、今でも宇宙さんの様なルーズな人を認められなかったかもしれない。
宇宙さんと合わなかったら、もちろんそういう人を知る事が出来なかったかもしれないし。
いろんな種類の人と同じ事をやる、そして山ちゃんみたいな間に入ってくれる人がいるっていうのが絶妙に良かったんだと思う。
欠点ばっかりじゃなくて良い所もたくさんある。そこを見れるようになったのは凄く大きいですね。

--宇宙さんはいかがですか?嬉しかった事は。

宇宙:新しい経験が出来る事かな。自分の価値観を大きく変える出来事ってそうそう出会えるものでは無いと思うんだ。少なくとも今の自分の生活の中では。
これは海外に限らず日本でもそうなんだけど、地方に行けばその土地の人がサポートしてくれて一緒に過ごしたりとか、住んでる土地も生活スタイルも考え方も全然違う人、それこそ年齢も下から上まで幅広い。会って話して、ライブも一緒にやって。

そういう経験が今の自分を作っているなと思うよ。

--どんな事が印象深かったですか?

宇宙:具体的にはなんだろう

山口:ドイツの夜の事?

宇宙:そうだね、アメリカツアーの時は結構日本と変わらなくて夜になればタコベルとか食べたり、物を買ったり出来たんだけど
ドイツをはじめ、ヨーロッパでは夜とか週末になると店閉まっちゃうから買物も出来ないし外食もBAR以外は出来なくて。

いつでも欲しい物が手に入る環境が当たり前になってたんだなって。

日本でもアメリカでも遊んだりがそのまま消費に繋がってる事が多いんだけど、ヨーロッパツアーで会った人達は、消費しなくても会話とかで時間を楽しんでいるというか。

今まで30年生きてきて当たり前と思ってた部分が、ヨーロッパツアーで当たり前じゃないんだなって気付けたっていうのは凄く印象深いかな。

--山さんはいかがでしょうか?

山口:他の音楽は分からないけどHARDCOREはワールドワイドに横の繋がりが近いなって思った。
音源出してなくたって繋がる事は出来るし。それによって自分達が憧れていた人に会えるチャンスもある。

--山さんの憧れは誰なのでしょうか?

山口:やっぱりSTRIFE。あとSHAI HULUDもそうだし。

宇宙:SHAI HULUDと一緒にやったら解散してもいいやって思ってたよね。

山口:AS FRIENDS RUST、UNBROKENもそう。

上杉:あとENVYもね。SWICH STYLEとは一緒にやってないけど、この間会えたね。

宇宙:SWICH STYLEのケンゾウ君には歌ってもらってるしね。


--上杉さんはいかがですか?

上杉:バンドは音が重要、というのはありつつも構成要素の一つでしかないという事をENDZWECKはみんな分かってる。
大事なのは人だっていうのを分かってる。メンバーのバンド以外の頑張りっていうのも見てて嬉しいですね。
ヨッシー君の子育てもそうだし、COSMICNOTEが大きくなっている事。山ちゃんが料理をはじめて、とうとうお店を持つ事とか。
そうやって社会的にも少しづつ成し得て行くのを近くで見れるのは嬉しいし刺激にもなりますね。

前に、山ちゃんと「PUNKとかHARDCOREは不幸せになりがちだよね」って話をした事があって。
ああいうのは払拭していかないといけないと思ってますね。バンドやりながらでも幸せにならなきゃいけないなと思います。

語弊があるかもしれないけど、ある意味で社会的に成功しないといけないというか。
バンドとしてと言うよりは私生活でもちゃんと幸福を得て行かないといけないっていうのは使命感として持っているんです。

--不幸せというのは社会的に地位が低いという事ですか?

上杉:イコールではないかな。ドラッグだったりアルコールによって不幸せになってる場合もあると思います。
あと個人的なアイデンティティを上手く確立出来ないと暴力的な人になったりとかもあると思います。

個人的な観点ですがPUNKの本質はそこでは無く、自分達の生活を地に足付けてインディペンデントに作っていく事だと思っています。
ここまでやってるとそれをなんとか証明しなくちゃいけないんだよね。

--「PUNKでも幸福を得ていかないないといけない」という考えはなぜ構築されたと思いますか?

上杉:なんでしょう、反抗心かもしれないですね。ある意味、既存のモノに対しての。

でも長くやってる人達ってちゃんとした人が多いですよね。
ちゃんとっていうのは別に大企業に勤めて社会的に地位がある、とかそういう事では無く
自分の生活をキチンと成立させているという意味で。破滅的な生活では無くてね。継続可能な。
退廃的なイメージがあまり好きでは無くて。やはりPUNKには退廃的なNo Futureなイメージが伴ってますし。

否定したいというより、オルタナティブな考えを人に提示したいですね。
PUNK通しちゃったせいで、一周回ってるんですけどね。幸福を得ようっていうのは当たり前の事だから。

山口:破滅的な部分にだけフォーカスしている事に違和感を感じたんだよ。
自然に湧き上がって来た疑問だったんだよね。「PUNKをやっていたら幸せになっちゃいけないのかな?」って。
「幸せになるのはカッコ悪い事なのかな?」って。

--常に何かにムカついてる、怒ってる、ささくれ立って無いといけないとPUNKでは無いのではないか?といった部分ですよね

山口:そう。もちろんそういう感情もあるんだけど、その先のモノを考えた時にね。
絶対みんな幸せになりたいと思ってる筈だよね。

上杉:PUNKを介さなければ普通の事なんだけどね。

宇宙:インディペンデントにって部分で、山ちゃんもオレもHARDCOREが無かったら今の生活や仕事って有り得ないんだよね。
COSMICNOTEでTシャツプリントとか、ビーガンシェフだったり。

上杉:そういう自分達なりのやり方でPUNKバンドでも幸せになれるという事を証明していかないと、と思ってます。
一般的なPUNK的目線では、オルタナティブなスタンスかも知れないんですが。

【HARDCOREのエントランス】

--大きなフェスになるとHARDCOREはENDZWECKのみ、という状況もあると思います。
そういう場合はHARDCORE見せてやるぞ!とかHC代表という感じの意識はありますか?

宇宙:そんなにオラオラじゃないけど。こんなのどうですか的な感じではあるよ。

--HARDCOREに触れるきっかけになって欲しいという

上杉:それはもちろん。

宇宙:HARDCOREに触れた事がない人もいるだろうから、とっかかりとしてCOSMICNOTEで2009年にリリースしたサンプラー配ったりもしたね。

上杉:そういう所でやる時は特にですけどENDZWECKはHARDCOREのエントランスで良いって思ってますね。
エントランス通って更に深いバンドを知ってくれるのが嬉しいですね。
なので、僕らは通り抜けてもらって良いと思ってます。

ただ、その代わりに大きい入口ではいたいなとは思います。
そういう感じだから、もしかしたらHARDCOREの人達からしたら僕らは薄いバンドと見られるかも知れない。
でも、それもそれでいい。外に誰か出て行かないと中に人が入っていかないと思うので。

--自分としてもHARDCOREを広めたいという意識は持っていて、それは自分がHARDCOREに出会えて凄く良かったなと思っているからなんですが、その辺りはいかがでしょうか?

宇宙:そこは同じ気持ちだね。

上杉:もちろん同じ気持ちだね。ここまで学びのある音楽も他に無いんじゃないかと思います。他のジャンルの事は分からないのでバイアスかかってますが。自分にとって価値ある物ですね。

--エントランスで良いという話で、その機能を果たしていると感じますがご本人としてはどう感じていますか?

宇宙:なれてる部分はあると思う。でも、それが出来ているのはHARDCOREを知らない人達の前でやらせてもらえる、フックアップしてくれる人達がいるからなんだよね。
我々が年を取ってきた事で、相対的にだんだん下の世代のバンドも出てきたし今度はフックアップする側になっていけたらなと思うよ。もちろんウチらみたいになって欲しい訳じゃない。選択肢の一つとして提示出来れば良いね。

--PUMP UP THE VOLUME fest(以下PUTV)で若いバンドが出たりするので、そういった事を実践しているように感じます。
PUTVをはじめにやると宇宙さんから聞いた時はENDZWECKのメンバー内ではどんな風に受け止められたのでしょうか?

上杉:大丈夫かな?っていうのはありましたよ。

宇宙:大体「大丈夫か?」って言われるんだよ。オレのやる事は。

山口:いきなり海外バンド6個とかだからね。

宇宙:最初ツアーやる時もモアイ君に凄い止められたね。

上杉:海外のバンドを呼んだ最初のツアー、いきなり海外2バンドとですからね。

宇宙:BOX THE COMPASSとUNDER DYING SUN一緒に呼びたくてね。
当時(2000年くらい)は個人で招聘してる人もほとんどいなくて「絶対やめた方がいい、借金増えるだけだよ」って。
でも思いつきでやっちゃうんだよ。そこがさっきの気に入らない所に繋がるのかもしれないけど。

上杉:僕は結構、保守的なので。

宇宙:でも、いざツアーが始まったら運転はみんな均等にやってくれたり手伝ってくれたね。

上杉:始まっちゃえば協力するしかないですよ。

--やったらやったでみんな楽しんでしたんですね

上杉:でも当時は宇宙さんもツアー後まいってましたよね。
「もう辞めようかな」って電話来たりして。

--体力的なものと、あと金銭的な問題もありましたか?

宇宙:あった。借金もあったし。マックスで300万円近くあったかなー。

--凄いですね。。

上杉:そりゃ辞めようかなって思うよね。

--逆に何故辞めてないのかが不思議です。

宇宙:働いて大分借金が減ったなって思っても、リリースしてまた増えちゃうみたいな。今はもう消費者金融からの借金は無くなったけどね。でも、オレはそういうのがあったからこそ今があるんだと思うんだ。

山口:ある意味、天才だと思うよ。

上杉:これはもう才能ですよ。良い所です。普通出来ないって思う事をやっちゃうんだから。

宇宙:割とNO FUTUREだったと思うよ。

上杉:でもお金の使い方ですよね。これが酒とかだったダメですけど。

山口:そこに注ぎ込むだけの好奇心とかワクワクがあったんだよね。

宇宙:洋服にお金使う人、車にお金使う人、そういうのと同列でレーベルとかにお金使ってたってだけだから、特別だとは思ってないけどね。

お金だけじゃなくて英語も最初は大変だったね。英語は聞くのも話すのも全く「は?」って感じだし向こうの言ってる事も分かんないし。今は意志の疎通くらいは出来るようになったけど。

上杉:はじめの韓国ツアーは本当に酷かったね。誰も話せなかった。

宇宙:はじめはお互いに辞書持ってコレコレ、みたいな。

上杉:特に宇宙さんは現場タイプだからね。あれ?元々は何の話でしたっけ?

--エントランスに、という話ですね。

宇宙:飛んだね。笑

上杉:noyのダイスケ君はlocofrankとやった時に見てくれてて、ENDZWECKのこと知ってくれたんですね。それでバンドもはじめてくれて。

宇宙:SET YOU FREEだね。
ダイスケもそうだしHAWAIAN 6とやった時に見てくれたお客さんがその後、熱心に見に来てくれたりもするのとか胸熱だね。

上杉:やりたい事が出来てるので嬉しいですね。

pt.3へ続く.....





<関連記事>