DAIEI SPRAY “ISN’T BRAZING” release interview

--アルバムリリースおめでとうございます!まずDaiei Sprayというバンド名はどのように決まったのでしょうか?

KYOSUKE「バンド結成が2004年くらいであまり鮮明な記憶は無いんですが、いくつかの候補から友人の多数決で決まった気がします。(他にイソジンやロングTシャツという候補がありました)結果、当時私が愛用していたダイエーで売っているエレーヌヘアスプレーをバンド名にしました。当時使っていたダイエースプレー現物は実家で大事に保管してあります。」

--自身としてはアルバムはどんな仕上がりになっていると思いますか?

KYOSUKE「今回はベースにONODERAとドラムにSAITO3が加入したことで、よりソリッドな楽曲と演奏、アレンジになった気がします。
事実、7曲中3曲はONODERA発信のアイデアだったりしているわけです。4人の個性が交わりあっている感じは出せていると思います。
あとはボーカル録りとミックスには時間かけましたね...。なるべく妥協はしたくなかったんです。
エンジニアの方も個人的にいつもお世話になっている林ジュンタ氏(malegoatやshipyards等のレコーディングエンジニア)にお願いしました。せっかくレコーディングするのだから、とにかくクリアな音にしたいなって思ってたんですよね。
レコードプレスに関してはDEBAUCH MOODの山崎氏に監修していただきました。彼は自分のレーベルで何枚もレコードを作っているので、レコードプレスに関する知識はかなり深く、非常に心強かったです。おかげでレコードならではの音色の立体感を実現できました。
そしてCDのマスタリングはPEACE MUSIC中村宗一郎さんにお願いしました。完成品はCDならではのハイファイな感触がします。
レコードとCDの音色の違いを楽しんでいただければ嬉しいです。」

ONODERA「曲に関しては、今まで自分達が影響を受けてきたバンドをうまく消化して作品に出来たと思う。メンバーのキャリアや好みも違う所があるし、何々直系とかでは無く色々な要素が入った作品に仕上がったなと。もちろん聞いた人が何っぽいねとか思ってくれるのは嬉しいし、どんな形でも気に入ってもらえれば作品を作って良かったなと思えますね。」

--結成から考えると1st アルバムまでかなり時間が掛かったようにも感じますが、その辺りはいかがでしょうか?

KYOSUKE「うーん、途中バンドの上京のタイミングがあったり、メンバーが脱退してしまったりとか色んなことが積み重なっていましたからね...。しばらくサポートドラマーで活動をしていた時期もありましたし。今のメンバーになって全部新曲でアルバムを作りたいっていう気持ちが強かったので、どうしても時間はかかってしまいました。」


2017年7月12日 DAIEI SPRAY 発売 1st ALBUM ”ISN'T BRAZING”

--タイトルの"ISN’T BRAZING"は"溶接していない"というような意味であってますか?どんな意味を込めていますか?

KYOSUKE「ヘアスプレーのダイエースプレーはガチガチに髪を固めるんで、溶接とかそんな類のものじゃないですけど、とかそういう意味にしたかったのです。あとはマイブラのISN'T ANYTHINGは最高のロックンロールアルバムだと思ってるんですけど、近い語呂にしてみたいなと。」

ONODERA「凝り固まって無いって事は大事にしたい。ある程度生きていると気付かないうちに物事を決めつけ過ぎてしまったり、頑固になり過ぎてしまったり。こだわりはもちろん重要、ただ時には行き過ぎも良く無い事もある。それを判断するには柔軟な頭で居たいなと。いいタイトルになったと思います。」

--10"でリリースというアイデアはどのように?

KYOSUKE「以前、自分が他にやっているDAWNで”THERE IS NO REASON WHY”という音源を10inchでリリースしていて、7曲なら時間的にはまだ余裕ありそうだなって。
12inchはかなり魅力的なんですが、送料や持ち運びに難がありましたので。
あとは、個人的にですけど、BLOW ONE'S COOL ”EVIL NIPPLE SESSION” の名盤10inchへの憧れはかなり大きいですね。」

--現体制になっての初音源との事ですが、どのような経緯でBa,Drが加入したのでしょうか?

KYOSUKE「ONODERAとは10年くらい前のジンウィンダム氏企画at小岩em7で彼がギターを弾くEYESORE対バンしたんですよね。
同い年で音楽の趣味も近いし、そのうち一緒に遊ぶようになって「2人で新しいバンドを立ち上げようよ」って話をしていたんですが、
ちょうどDAIEI SPRAYのベース高山氏が脱退してしまったタイミングで、ONODERAをメンバーとして誘ったら二つ返事でOKもらえた記憶があります。
そもそもは、彼がベースを弾くGROANING GROOVEを初めて観たときに衝撃を受けたんです。彼はギターもいいんですが、ベースもかなりの良い音を響かせていて。

SAITO3とは,彼が所属するFIFTHWHEELと自分の昔のバンドでよく対バンしてたんですが、彼のドラムがめちゃめちゃタイトで生音も大きいしカッケぇってなってて。
とくにキックとスネアの音が同世代の中でズバ抜けて素晴らしかった。
FIFTHWHEELはSQUIRREL FOXのDVDでよく見ていたし(その時は違うドラマーだった)、過去のCDも持っているんですが、強力なドラマーが参加したもんだって吃驚してました。
DAIEI SPRAYとしては、JUNさん(Twolow, ex.AS MEIAS, ex.THE POGO etc.)が脱退した後、ずっとドラマーを探していたんですが、
FIFITHWHEELは自分の中で憧れていた存在であったし、SAITO3をダメ元で誘ってみました。
その後なんとか口説き落とし(笑?)、正式メンバーとして加入してもらい今に至ります。」

YAGI「大体合ってるね。ドラムを探している時に池袋の大都会って飲み屋でSAITO3がいいんじゃないって話になったなぁ」

ONODERA「池袋の大都会は良い意味でクレイジー。行った事無い人は是非行ってみて下さい。」

--ギターのフレーズが効いてるなと思いましたが、これはやはりシバタ氏がアイデアでしょうか?

KYOSUKE「ありがとうございます!半分はONODERAの考案したフレーズだったりもします。」

--どんな時、どんな風に曲を思いつきますか?

KYOSUKE「ギターを持っていないときのほうがアイデアが浮かんだりしますね。ギターを持ってばかりでも手癖が出たりするので、ベースで作ってみたり。」

ONODERA「頭でこんな曲作りたいなとイメージしながら家で黙々と楽器を触って、この4人でやったら絶対最高な曲になるなというを前提に曲作りを。ただ一人で作るとどうしてもその人の癖が出てしまうので、他のメンバーが作ったリフを組み合わせたりすると思いもしないアイデアになる時が結構ありますね。」

--歌詞について、各曲へ想いがあるとおもいますが全体的に伝えたいことや、歌いたいことのテーマはありますか?

YAGI「日常に生き、時間に追われる中で、その時(曲が出来た時)思った正直な事を歌っています。」

--アートワークはどのように作成したのでしょうか?もしコンセプトなどあれば教えて頂きたいです。

KYOSUKE「この紐状のアートは、アメリカで食べたパスタをコラージュしたものです。みんなにはワシントンDCで食べたパスタを画像にしたって言ってたけど、よくよく見たらニュージャージー空港のパスタでした...。」

--MVについても元々イメージやコンセプトがあったのでしょうか?

KYOSUKE「撮影と編集はghostlateのTADASHOにやってもらいました。彼は他にも様々なバンドのMVを作っているんですよ!今後の活躍に期待できます。」

ONODERA「ライブの映像で作るのは決まっていたので、バックの映像は歌詞に合わせて考えました。AGEという曲は普段の繰り返しに見える生活でも、自分の中で戦っているという事を歌っているんですが、そういう時って頭の中ではかなり色んな事を考えていると思うんですよ、全く真逆の事だったり。今すぐ仕事を辞めて世界中を旅したいとか、中々出来ないですけど。その頭の中の妄想を映像化していったら、こういう感じになりましたね。そして結果オープニングはwe are the worldと同じ地球の映像になりました。we are the worldのシンディローパーは最高ですよね。」

--I RECOVERは以前から知っていたとの事ですがどのようにレコードをゲットしたのでしょうか?

KYOSUKE「I RECOVERデビュー7インチとの出会いはDISK UNIONの新宿パンクマーケットだったと思います。彼らはいわゆるREVOLUTION SUMMER直系と言われていたんですが、様々な音楽的要素が見え隠れしてるなって。ギターの湿り気とか、ボーカルのメロディーの泥臭さにほんの少しだけれどもCRIMPSHRINEやFUELの男臭さを感じました。昨今の同じくREVOLUTION SUMMER直系と言われているGIVEやPRAISEとはまた違った魅力が彼らにはあると思います。」

ONODERA「自分はツアーの話が来てから初めてI RECOVER聞いたんですが、物凄くカッコいいなと。純粋にライブ見てみたいし、一緒にツアーしたいと即決しました。」

--ツアーの話をしてからトントン拍子に進んでいってと思うんですが話があった段階で"やるしかない"みたいな感じだったんでしょうか?

ONODERA「そりゃもう、この話を振ってくれた岡村君には感謝しかないです。またツアーに合わせてI RECOVERとスプリットテープを出すんですが、そちらもいいものにしたいと曲を作って。結果とてもいい音源になりそうです。」
KYOSUKE「好きで聴いていたバンドでしたし、本当に嬉かったです。まさかI RECOVERのツアーをすることになるとは...。」

--どんなツアーにしたい、などの想いはありますか?

KYOSUKE「人生初の海外バンドとのツアーなので、緊張してます。プレッシャーはあるけど、今やれることを精一杯やるだけですね。」
ONODERA「出来るだけ多くの人に来てもらいたい、自分等は今出せる音を全身全霊で爆音かつ轟音で届けたい。ライブは生きてるんで、同じ音は二度と出せない。その日しか出来ないものを。」
YAGI「コンディションを整えていいライブをしたい」
SAITO3「I RECOVERには負けません」

--最近聞いている音楽を教えて下さい

ONODERA「おもにguided by voices」
KYOSUKE「この前来日したTOMMY KEENEをよく聴いています。あとはTHE CUREとか...。」
YAGI「オールドスクールのヒップホップを浅めに」
SAITO3「出したばっかりだからダイエーばっか聞いてた」

--最後に一言あればお願いします
KYOSUKE「ライブ会場でカンパイしましょう!」
ONODERA「皆さんツアーで会いましょう!」
YAGI「アルバム買ってください!」
SAITO3 「ダイエースプレー最高だぜ!」

--ありがとうございました!

(2017/7/22 メールにてインタビュー)

I RECOVER with DAIEI SPRAY japan tour 2017 ツアー日程など詳細はこちら
http://www.hiliberate.biz/?p=1787





<関連記事>