BREAKfAST interview 2013



森本(BREAKfAST - Vo)
KEMMY(BREAKfAST - Gt,dREADEYE,SUN BEAM SUN,DMB PRODUCTION)

 

-まず今回のSPLITのジャケなんですが凄くカッコ良いなと思いました

森本:PARANOID

-PARANOIDさんとの出会いは?

森本:それはね・・・ある日、オレが茨城の墓場を歩いていたら・・・物音がしたから見たんだよね。そしたら・・・地下から土を掻き分けて出てきたんだよね。

KEMMY:「森本君すか?」って

森本:「なにやってるすか?」って。笑
ホラー映画がとにかく好きなヤツで。
ツアー行くときもそいつと一緒に行く。FELEMの近くに住んでるんだけどね。

KEMMY:迎えに来てもらったり

-茨城からですか?

森本:うん。ゾンビだから大丈夫。

-凄いですね。笑

森本:飯も食わない。ゾンビだから。
FELEMのTシャツとかも書いてますね。

KEMMY:何年か前BAD SHITが来た時のSKATE TOURのを書いてましたね。
それをみた373君が凄い嫉妬してましたね。・・・っていうのを書くとちょっとアレかな・・・

森本:え~喜ぶんじゃない?笑

-ジャケを初めに見たときはどう思いましたか?

森本:なんか・・・前にPARANOIDが書いた作品を何個か見てて、BREAKfASTの何か書いてよってなってたんだけど死体の絵しか書けないからさ。笑
「ナイフとフォークで脳みそ食っててBREAKfAST」とか
「コンクリのボール(スケートのセクション)を作る時に死体を埋め込んでる感じ」とかいいじゃん!
ってアイディア出したりしてて、そこにSPLITの話があったからお願いしたんだよね。
そしたらもう全然違うのが。笑 まぁでも、凄いのが来たなと。

BREAKfAST jacket

-今回のスプリットに収録されている「BEER SONG」がすごいパーティソングということですが
過去には「VOTE」といった硬いメッセージを発する曲もあり、アティテュードに変化があったのでしょうか?

森本:そうだね。なんというか、真面目だったんだよね昔は。好きなバンドのお手本にしている部分を忠実に再現しようとしたり、ハードコアはこういうものだとか、こうじゃないといけないとか、バンド全体で真面目な部分が出てたと思う。
それが今のメンバーになってからは楽しむ気持ちの方が中心になってきてさ。
みんなで音を出して合わせたりするのを単純に楽しむみたいな、バンドを始めるキッカケになるような楽しさを今のメンバーになって改めて感じるようになった。お酒飲むようになったっていうのもあるかもしれないけどさ。
だからBEER SONGもそんな感じにね。笑 楽しむことを知った俺の変化は出てるよね。

-歌詞の全体はどのような感じでしょうか?

KEMMY:「道行く人と乾杯。みんなで乾杯」これ歌詞。(携帯で見せてもらう。)

森本:「駅前から公園まで」ははは。笑

-「朝から晩まで両手にビール」

KEMMY:・・・まぁその状況はおかしいんじゃないかっていう。笑

森本:あるっしょ?BREAKfASTの基本スタイルじゃん。陽君なんていつもだよ。
真面目なことも、もちろん考えてるんだけど、このメンバーになってからはひたすら楽しむ感じでココまで来たから。
バンドをやる楽しさを再確認した数年間だったんだよ。自分の中で最近はまた少し変わりつつあるんだけどさ。

-歌詞ではないんですが曲の途中で「WOWーーーーWOWーーーー」って遠くから聞こえるようなコーラス?ボーカル?がありましたよね

KEMMY:ああ~お化けみたいなヤツ。あれ大分削りましたよね。

森本:あの時は試行錯誤してたからね。「これはちょっと危ないんじゃないか」って控え目にしたからホラー感が出た

-確かにホラー感ありました。

森本:でも今ライブだと堂々とやっちゃう。
オレとケイスケでもう「WOWーーーーWOWーーーー」って入れてる。



-音源の発表はかなり久しぶりだと思うのですが実際にはどれくらいぶりですか?

KEMMY:4年半くらい。2008年とか

-アメリカツアーもそれくらいですか?

KEMMY:アメリカツアーの1年後にアルバム(3rd ALBUM 「The Day After BREAKfAST」)が出た。

森本:アメリカツアーの話があった時に前のギターの酒井君の耳が悪くなっちゃったってのがあってケミー君で行くことになってツアー行ったら一気に仲良くなっちゃって。

-でも、それまでも仲良かったですよね?

KEMMY・森本:いや~

KEMMY:酒井君とのが仲良かったかな

森本:そんな喋った事なかったよね。ケイスケも全然仲良かったワケじゃないし。知ってたけどね。
で、アメリカツアーは酒井君が無理になっちゃって。
誰かに頼んでも普通行けないじゃん、2週間後にアメリカって。
でもケミー君なら行けるんじゃ無いかって。バンドのお金もあったからさ。
「軽くアメリカ行きませんか?」みたいな。笑

-ケミー君は?

KEMMY:行きます!って。最初、酒井君から電話来た時はまっつぁん(EXCLAIM)かチン君(銀杏BOYS)か・・・僕かっていう。

-すごい選択肢ですね。

KEMMY:そう。で、電話を切ったあとに「これはアメリカに行くチャンスだ」っておもって。酒井君に「行けます!」ってもう一押しして。

-曲を覚えられるか不安は?

KEMMY:それよりもとりあえずアメリカに行ける!っていう。タダで行ける!っていう。

-実際行ってどうでした?

森本:楽しかったよね。でも、さっき言ったようにケミーくんもケイスケも凄い仲良いってワケじゃなかったからさ。
なんか向こうのライブの待ってる間とかにさ、バックヤードとかでちょっと曲作ったりしたよ。
バンドとしての連帯感も出てくるし。それでその勢いのまんまアルバム作ろうってなって。

-上り調子な感じで

森本:そうそう、それで調子に乗りすぎちゃって酒井君の事全然忘れちゃってたから言われちゃった。
「向こうに居るときもっと俺の名前を(BBSに)書き込んでも良かったんじゃないか」って。
「酒井君俺たち頑張ってますよ」みたいのが全然ねえっていう。笑

KEMMY:酒井君節でましたね。

-それくらい充実した時間を過ごしていたという事ですね。

森本:そういうことだね。でも、すいませんって言ったけどね。そうだった、BREAKfASTってこういう気遣いが必要だったんだって思いだした。笑



-今のメンバーになってから曲調が変わったと思うんですがどんなものに影響されていますか?

森本:音楽自体をよく聞くようになったかな。
俺は楽器できないし、テクニックとかそういうことを考えながら音楽聞くってことが無かったんだけど、「こういうの取り入れたいな?」とか「こうやったらカッコよくなるんじゃないか?」とか思うようになったり。
まあバンドやってる人はみんなそうだと思うけど、そこにようやく追いついたね 笑
ケイスケはレゲエとかファンクとか詳しいしさ。ケミー君はメタリックなの好きでソロもカッコイイし攻撃的だからライブやってると燃えるよね。

-ライブで重要な事はどんな事だと思いますか?

森本:やっぱ「成立させる」って事じゃないですかね。

一同:おお~

森本:やるからにはちゃんとやりたいけど、お客さんが少なかったり、反応が無かったりで
上手くできない時もあると思うんだよね。でも、お客さんの反応はどうあれ全力で。
なんか「成立させる」っていう言葉がシックリくるんだよね。
歌詞はスケボーの話とか下らないような事だけどさ、でもオレの考えてる事を全身使って表現して
興味なさそうな人にも盛り上がってる人にも同じように届くようなライブにしたいなとは思うよ。

-お客さん少ない中でBREAKfASTがやってて凄まじかった時ありました。3年くらい前の金曜にFADで。

KEMMY:森本君が神みたいになってましたよ。

-なってました。笑

森本:全部をさらけ出してさ、やりきれば大体いいかなって。恥ずかしそうにしてるのは見てる側にも伝わるじゃん。

-ケミー君は何を重視しますか?

KEMMY:ちゃんと弾く事だね。

-根本的な事ですね。笑 ANNIHILATION TIMEとアメリカツアーしててその影響があるのかな?と思ったのですが。

森本:どうかな~。でも影響はそんなに無いよね。カッコイイなとは思ったけど。

KEMMY:でもやっぱ、アメリカでUSのハードロック調の曲を聞くとカッコイイんだなっていうのは感じた。



-先ほど「昔は真面目だったけど今は楽しんで」ということがあったのですが、それであれば「森本雑感」の回数は増えていく流れでは?と思ったのですが逆に少なくなってますよね?

森本:それは良く言われる。興味なくなったね。話したり、笑わせたり。考えてる事は昔と変わらないんだけどライブで話したり、笑わせたりっていうのはね。あと年齢とかね。お客さんとの「ツボ」がズレてるんじゃないかなって。笑
今思うと良く喋ってたなって思うよ。あと陽君が嫌がるから。

KEMMY:うん。喋ってるとドラムを叩きだす。なんですかね?

森本:「森本ばっか目立ちやがって~」ってやつじゃない?笑
「オレもモノマネしたい」って。

-タケシのモノマネしてるイメージあります。

森本:最近は「相棒」で水谷豊。笑
でも、昔はカッコ付けてたからだと思うんだよね。ステージでの動きとか喋りもカッコつけてたと思う。激しいライブやってトークでも爆笑とってカッコよく見せたかったんじゃないの?もちろん喋ることと笑わせることが好きだったんだけど、カッコもつけてたね。
今はさ、ライブ中は気持ちがすごい入り込んでるんだよね。さっきも言ったけど自分の全身を使って表現するからさ、だからライブ終わってすぐトークへ切り替えるっていうのが難しくてさ。
以前も入り込んでやってはいたんだけど、やっぱり意識的というかカッコ付けてた部分があったと思う。だからライブ後に切り替えやすかったんじゃないかな。

-前はマイクを逆手に持ってましたよね

森本:あれはチャールズ・ブロンソン。酒井君が「これカッコイイじゃん!」っていって。そうだったんだよBREAKfASTって。

-最近のステージングで凄かったのは全身が痙攣しているようなアクションがありました

森本:・・・オレ?

-はい

森本:オレね、今の動きあんまり覚えてないんだよ。

-!もはや覚えてないという。笑 それくらい入り込んでるんですね。

森本:入り込んでるし無意識。身を委ねて気持ちの赴くままにやってる。

-最近では12XUでのライブが凄かったとの噂ですが

森本:ああーあれね!ワン・ツー・エックスユー?ワン・ツー・ファックユー?

-MINOR THREATがカバーしてましたよね。

森本:ね、あれはオオクラ君っていうFRUITYのBaだった人がやってる服屋のイベントで。

KEMMY:森本君の結婚式で178君が泥酔して絡んでた人だよ

一同:笑

178:全然おぼえてない

KEMMY:「オレ好きなんですよ~!」って

森本:あの日のライブが凄かったっていうのはオレも知らない人から言われたな。
いつもと同じように頑張っただけなんだけど、さっき言ったみたいに毎回「成立させる」ようにしているのが伝わったのかな。
あの時はちょっと接点が無さそうな若い人が多かったから、反応してもらえるのは嬉しいね。



-他のライブで印象的だったことは?

KEMMY:う~ん、陽君が泥酔してスピードが半分くらいになってた時。

森本:二万の時だ。テキーラをステージで1本飲んじゃった。

KEMMY:忘れられないですよ。辞めようかと思いましたよ。笑

森本:マズイよ~ケミー君辞めたら。笑 要だからね。

-次の言葉で連想する事は?
「スケートボード」
繋がり。FELEMとかamate-raxiでやってるBUENA SUETE。
1st「眩暈」の裏ジャケもFELEMの写真なんだ。373企画「no comply」の一回目。FELEMでSFP・アブラハム・UG MANなんかとやった時の写真。
初めてBfのHPに「森本雑感」を書いたのもその日のライブ。スケボーを通じた繋がりが無かったらBfは全く別のものになってたと思う。だから凄く感謝してるし、Bfとして出来ることは何でも協力したいと思ってる。
・・・でも、スケボーはスケボーだよなとも思うし。一言じゃ語り尽くせない。
今は色々くっ付いてるよね「スケーターのファッション」とか「スケーターの音楽」とか。
スケボー上手い人はそういうのと全然関係なかったりするもんね。

「アメリカツアー」
家の地下室。ビール。移動時間。最後の日の達成感。今のBREAKfASTの原点。
でもやっぱアメリカ各地のローカルバンドをみれたのは残ってるかな。
みんなカッコつけてないし心から楽しんでるのが伝わってきた。人気もあった。
直感で答えると疲れた、ビールが楽しみだった、とかになる。笑

 

-最近聞いている音楽を教えて下さい。

森本:今日は矢野顕子。山下達朗。ふたつとも「や」で始まる。次は矢沢かな。笑
あとレゲエ。Lee Perryとか。

-ちょっと意外ですね。

森本:いや俺BAD BRAINSに凄い影響を受けてるから。

-でも前からですよね?

森本:いや最近。

一同:笑

森本:ここ数年。ここ一番の時はBAD BRAINSのライブビデオみてる。
さっき言った表現の話だけどさ、HRは心底この音楽を信じてるっていうのが伝わってくるから。昔はMINOR THREATだったんだけどさ。イアン・マッケイの理に適った論理的な感じ。

-どことなく知性が

森本:そう。でも今のBREAKfASTはもっとこう・・・自由でブチ切れてる感じなんだよね。だからBAD BRAINS。

-ケミー君はどうですか?

KEMMY:昨日聞いたのはBLACK SABATHの新譜(LP)。ここ数日で出たヤツ。それとJAZZ。

 

-今後やってみたいことはありますか?

森本:やりたい事は無いかな。
・・・ずっとみんなで遊んでたいけどね。アメリカのHCにも影響受けたけど友達のバンドが一番説得力あるから。
人柄を知ってバンドを見るとより深く知れるし、励みになる。
今更バンドをでかくしたいとかは全然無いけど、刺激を受ける周りのバンドといつまでも一緒に楽しいライブをやりたいなっていうのは思う。

-では最後に一言ありますか?

KEMMY:買ってくれ!
森本:二枚づつ頼むぜ!

(2013.06.15 at.下北沢CITY COUNTRY CITY)







<関連記事>